引越し会社の選定

しっかりした引越し会社の選ぶ方法をご紹介します。会社を選ぶ際、どんなところに気を付ければいいか、誰に何を聞けばいいか、以下の内容をご覧になってから良い引越し会社を選べるようにしましょう。

以下の基準で引越し会社を慎重に選びましょう。

友だちや家族に聞く
お客様のお友だちやご家族は信頼できる情報提供者であります。久しぶりにお引越しをしたり初めて引越し会社に頼むことになると、どんな会社がどんなサービスを提供するのか、値段はどのぐらいなのか友だちや家族に聞くといいです。また、現在のお住まいや引越し先のマネジメント社に問い合わせても信頼できる情報が得られます。もし、周りに聞いてもらえる相手がいない場合、オンライン上でレビューを参考に比較分析するのもお勧めします。365MovingFastのレビューもご確認頂けます。

質問が多い会社を選ぶ
お引越しは予想以上に細かい作業が多いです。何れの引越し会社と契約するにしても、お引越しの準備段階からお客様に色々聞いてくる会社を選んだ方がいいです。もし、お客様の住居環境やお荷物の量など、お引越しに関する質問が少な過ぎる会社は当日になって予想外のアクシデントがあった場合、対処できない、もしくは追加料金を要求するかも知れません。では、どんなことが起こりうるでしょうか。

例:

  • お荷物の量に対して詳しく聞かずに部屋の数だけを聞いた場合、お荷物がトラックに積みきれないこともあります。
  • ビルのマネジメント社に「Additional Insured Cert」を要求するかによる質問がなかった場合、引越し当日にマネジメント社からお引越しを差止めることもあります。
  • 特に注意すべき品目について聞いていなかった場合、ピアノ、岩盤ベッドなどの物品を扱う装備を用意できないこともあります。グランドピアノや岩盤ベッドの場合、特殊な装備が必要です。
  • 螺旋階段などの住居環境による質問がなかった場合、引越しが予想時間より長引くことがあります。電話、ケーブル、ビデ、浄水器の設置などをご新居に予約した場合、予約を取り消したり、再予約しなけれならない場合が起こります。

その他にも数多くのアクシデントが起こる可能性があります。事前にこういった質問をし、徹底的に準備する引越し会社ならお引越し当日に起こりうる多くのアクシデントを防げます。

お引越しのお値段について:引越し会社はみんな同じではない?いちばん安いところに頼めばいいのでは?

引越し会社を決める際には少なくとも2、3社と相談することをお勧めします。しかし、大事なことは会社選定の決め手が単純に安いお値段になってはいけないということです。家に必要な家具や家電を購入する際にも長い時間をかけて慎重に選びます。一つを購入する時も製品の性能、必要性、購入時期、値段などを色々考えます。お客様から購入されたもの全てを運ぶお引越しなので更に慎重に調べて決めるべきです。

単純に値段が安いだけで決めてしまうと、お引越しの後にお見積もりの値段より更に払わなければならない場合があります。お引越しに関する書類や保険の不備、低い顧客満足度はもちろん、あまり費用の節約にもならないかもしれません。ある引越し会社の値段が平均より安すぎる場合、そこにはその理由があるはずです。安すぎず、高すぎずの会社を選ぶことがいい選び方の一つです。

またお引越しの予約後にお客様に関連書類をメールまたは直接手渡す会社を選んだ方がいいです。そのメールにはお客様のお名前、電話番号、引越日や時間、現在の住所、ご新居の住所、インベントリー、お値段、そのお値段に含まれたサービスリスト、お引越し保険に関する説明があるか確認してください。